一戸建て住宅を建てるときには予備知識を|にっこりハウス

自由なデザイン

坪当たり30万円前後から建築が可能な注文住宅

一戸建てを購入する際、一般的には分譲住宅よりも注文住宅の方がコストが高くなるといわれます。 では注文住宅の建築コストの相場がどの程度かといえば、延床面積に対して坪当たり安いメーカーや工務店ならば30万円程度。業界をリードするといわれるような有名メーカーであれば、70万円から80万円程度が相場です。30坪程度の延べ床面積の住宅であれば、安価なメーカーや工務店であれば、1000万円を切る可能性もあるということです。一方で有名メーカーの場合、2000万円を超えてしまうということになります。 このような相場観の中で、注文住宅の場合、土地の購入費用と建物の建築コストをそれぞれ分配して、土地探しと家を建築するハウメーカーなどの事業者の選定を進めていかねばなりません。

間取り等の設計の自由度が最大の魅力

具体的には吹き抜けや天窓を利用することです。2階からの、あるいは真上の天井からの日の光を取り込んで、1階のリビングまで日当たりのよい環境を構築するという戦略です。階段のスペースを有効活用して吹き抜けを作ってしまえば、延べ床面積の減少を最低限に留めることも可能になってきます。 このような間取りを決める際の自由度の高さこそが、注文住宅で家を建てる際の最大のメリットの一つといえるわけです。