一戸建て住宅を建てるときには予備知識を|にっこりハウス

中古でも新しく

住む年数に合わせて家選び

子供が小学生に上がるときが家の買い時、という話はよく聞かれますが、その時期を逃した場合、なかなか移動がしにくくなり、いずれ子供が巣立ってから購入しようと考えることがあります。しかし、その時の年齢は一般的に40代後半から50代前半になっていることもあり、長期のローンが組めなくなっていることもあります。それまでにお金をためておくのも一つの方法ですが、終身雇用が崩れた現在では、年収が上がっていく保証はどこのもありません。そういった中で住宅を購入していくためには、新築だけではなく、中古一戸建てに目を向けることで、光が見えてくるものです。中古一戸建ての中には、非常に状態が良いものも多く、その後30年ほどを想定して住むには全くそん色ないものも多くあります。

中古一戸建てをうまく利用

家というものは、それぞれの部位に耐久年数というものの目安があります。あくまでも目安で、中古一戸建てごとの材料や個体差がありますが、一般的な傾向というものがあります。たとえば、よく使用する水回りであるとか、外壁、屋根などは、良く取り上げられているように、メインテナンスが必要になることが多い箇所です。こういった箇所は、不動産屋と相談した上で、手を入れたほうがよいと結論が出た場合には何らかの手立てを打っておくことです。そうすることで、入居してからも長い間、安心な上に、工事の心配をする必要がなくなります。